CHECK

賢くお風呂を快適で安全な場所に変えよう!リフォームで役立つ知識を紹介します!

このサイトではお風呂を快適で安全な場所にしたい人に向けて、リフォームで役立つ知識をご紹介しています。
バスルームの改修工事をすれば、ヒートショックを防止するのに役立てられることもあります。
安全に暮らせる環境を整えるためにも、参考にしてください。
また断熱性能が高いバスルームの改修工事によって、光熱費を節約することが可能です。
長く住み続けることを考えれば、早いうちから光熱費を減らせる設備に換えておくのも良いかも知れません。

賢くお風呂を快適で安全な場所に変えよう!リフォームで役立つ知識を紹介します!

リフォームでお風呂を快適にしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
お風呂のリフォームでは、在来工法の浴室も近年主流のユニットバスにすることが可能です。
場合によっては、在来工法とユニットバスの両方を取り入れた仕上がりにすることもできます。
安全に配慮したバスルームのリフォーム例としては手すりの設置や出入り口の段差の解消が挙げられます。
また戸を引き戸にしたり、床材を滑りにくいものにしたりといったことも可能です。

狭いお風呂でもリフォームで実現できる足を伸ばせる浴槽

家事や育児、仕事の疲れを癒してくれるバスタイムは1日の終わりに味わえる頑張ったご褒美です。
日常の慌ただしさを忘れてホッとできる至福の時間は大切にしたいもの。
お風呂が狭くて窮屈に感じていたり、たっぷりお湯を張った湯船に足を伸ばしてゆったり浸かりたい、そんなお悩みや希望を持っている方もいるかもしれません。
リフォームをすれば狭いお風呂でも足を伸ばせる浴槽を設置することは可能です。
新しいユニットバスの方がスペースを広く取れたり、浴槽の外寸を小さなものに変えたり、壁の位置をずらすなどいくつか方法があります。
リフォームにはユニットバスと在来工法の2タイプがあり、ユニットバスは予め生産しておいた部品を浴室で組み立てるイメージです。
在来工法は昔ながらの方法で浴室に合わせてオーダーメイドのように施工します。
ユニットバスの方が自由度が低い分工期や費用を抑えられます。
マンションなどでは難しい場合があるため、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

お掃除を楽にする汚れのつきにくいお風呂にリフォーム

住宅設備は経年劣化と共に傷みや汚れなどが蓄積します。
特に水回りは水垢やカビなどがつきやすく、特に痛みや汚れが目立つ場所です。
お掃除をしないとどんどん水垢やカビで汚れてしまいますが、仕事などで忙しいと毎日時間をかけて清掃するのは大変です。
少しでも清掃の時間を少なくしたり、汚れ落ちを良くして楽にしたいならリフォームを検討してみてはいかがでしょう。
近年、お掃除が楽になるような工夫がされている、お風呂のリフォームが人気を集めています。
例えば床材は水が溜まりにくい仕様になっており、ぬるつきなどを軽減できるようになっています。
壁も水垢やカビがつきにくいものを選ぶことができたり、浴槽などの素材が水をはじくものになっている、ヌメリを抑える排水口や壁に取り付けてあるカウンターごと取り外して清掃できるタイプもあります。
掃除しやすさを追求したお風呂のリフォームを手掛けているメーカーもあるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

ジェットバスはお風呂リフォームでも設置可能

一般家庭にあるお風呂のリフォームでジェットバスの設置もできます。
後付けで設置する方法としては取付式やマット式、組み立て式、設置式があります。
設置式にするにはジャグジー機能が付属している浴槽を、浴室に取付ける工事が必要となります。
他のタイプに比べて設置費用は高くなってますが、機能性に優れており気泡の噴射力がありますので、本格的に楽しみたい方におすすめできます。
浴槽のみの交換は大掛かりな工事となることがあるため、浴室をユニットバスにリフォーム工事を行った方が工期が短縮でき、工事費用を抑えることができます。
興味がある方は、専門の業者に相談してリフォームを考えることをおすすめします。
設置することで、リラックス効果があり一日の体の疲れを取ることができます。
他には血行促進があったり、女性にはうれしい美容効果もあります。
ダイエットやマッサージ効果もあります。
健康面や美容面での効果が得られます。
ジェットバスを取り付ける時の費用の相場としては、設置する方法で費用は異なりますが、その中でも低額で設置できるのがマット式で1万円から3万円となります。

方法で異なるお風呂リフォームの予算や必要な日数

浴室も長く使い続けていると、壁などにカビが発生したり隙間に汚れが蓄積してしまうなメンテナンスが必要になることも少なくありません。
この場合は、ハウスクリーニングなどを利用すればきれいな状態にして貰うことはできるのですが、浴槽の劣化や浴室内環境の最適化などの場合はリフォームが欠かせません。
お風呂は毎日利用する場所なので、リフォーム工事で数日間使えないとなると困る、このように考える人も多いのではないでしょうか。
昔は、近くに銭湯が有ったけれども現代は浴室がない家が少ないので、銭湯の数も激減していて風呂釜が故障したときなどは修理期間中は入浴を我慢することもあるわけです。
ちなみに、お風呂にはユニットバスを利用する方法と従来から行われている在来浴室などの種類があり、ユニットバスでは施工期間は5日前後で在来浴室は1週間前後です。
これはあくまでも目安になるもので、業者さんに見積もりの依頼するときにはそれぞれの会社に対して必要な日数の確認もしておきましょう。

メーカーごとに特徴が違うお風呂リフォームで交換するユニットバス

住まいが古くなってくると所々メンテナンスや修理が必要となります。
建物の老朽化や古い設備等は使い勝手が悪くなってストレスに感じることも。
水回りにはカビやサビが見られたり、頑固な汚れが落ちなくなるなど衛生面も不安です。
お風呂が狭く感じたり、不便に思うことがあってリフォームを検討している方もいるのではないでしょうか。
事前に工場で生産されたパーツを現場で組み立てるユニットバスは、国内の有名メーカーなどから製造販売されています。
メーカーごとに強みや特化していることがあり、デザインの美しさ、掃除やお手入れのしやすさ、充実したオプション機能など特徴もさまざまです。
家の構造や土地柄で湿気が気になる場合はカビ対策を重視したり、高齢者がいる家庭ではバリアフリーを取り入れやすいものと選ぶなど、リフォームの目的を明確にすると選ぶ際の決め手となるはず。
またどのくらい費用がかかるのか、対応サイズなども確認しておくと良いでしょう。

お風呂リフォームの費用を節約するためのポイント

お風呂リフォームを検討している場合、できるだけ節約をして安く施工することを希望する方も少なくはありません。
一般的なユニットバスの場合は、60万円台から80万円程度が目安になりますが、リフォーム費用を引き下げるには購入するユニットバスに対して余計な機能を付けない方法で安い料金でリフォームは行えます。
例えば乾燥機能やミスト機能、浴槽内のバブル機能などがあり、不要と考えた場合は混合栓とシャワー機能、天井設置型の換気扇だけで十分とも考えることができます。
後はリフォーム会社探しになり、同一のユニットバスを採用したとしても、会社によって施工料金に差が生じることは良くあることです。
近隣で営業をしている施工会社から3社程度に絞って見積もりを出してもらう方法でも構いませんが、ネット環境があればネット上には専用の一括査定サイトがあり、このサイトを利用してみると3社から4社程度の施工会社からの見積り額を提示してもらえるので実質上最安値で施工はできます。

お風呂リフォームに最適なタイミング

自宅の浴室が古くなってきたけれども、どのタイミングでリフォームをすれば良いのかわからないと考えている人は多いかもしれません。
一般的にお風呂のリフォームは、15年から20年ほどで行うのが1つの目安だとされています。
古くなった浴室を見てみると、つなぎ目の部分にヒビが入っているようなものが見つかるかもしれません。
見た目が大丈夫に思えたとしても、その部分から水が入り、内部がボロボロになっている可能性も大いに考えられます。
内部がボロボロになると木材が腐食し、そこまで進むと木材を交換しなければなりません。
放置すると余計な費用を支払う可能性が高くなると言うことです。
30年も前の設備を使っていると光熱費もかなり高くなっている可能性があるため、光熱費も損をしてしまうことでしょう。
お風呂リフォームを見極めるタイミングとしては、カビがよく生え掃除をしてもなかなか取れないのであれば検討した方が良いでしょう。
カビが取れないのはひび割れの中にカビが生えているためであり、掃除をしてもすぐにカビが生えるのは、換気扇の効果も弱くなっている可能性があります。
その他にもコーキング剤や壁材等にヒビが入っていたり、排水溝からの嫌な匂いが発生する場合も検討しましょう。

お風呂の印象が大きく変わるリフォーム時のカラー選び

"お風呂のリフォームや浴槽や壁、床などの色選び1つで印象ががらりと変わります。
リフォームで主に使われる色味は白・ベージュ系にダーク系、パステル系にビビッド系です。
白・ベージュは清潔感を感じさせるので水回りに使用するのに向いています。
また白などは膨張食なので浴室が広く見えるという効果も期待できるようです。
ダーク系は黒やグレーなどシックで落ち着いた印象を与えてくれます。
ラグジュアリーなイメージで仕上げたいという時におすすめのカラーです。
パステル系はピンクやイエロー、グリーンといった可愛らしい色味です。
浴室全面をこの色にするのではなく壁や床など、どこか1点だけにするとワンポイントとなっておしゃれです。
個性的にしたいという方には、赤やオレンジといったビビッド系が向いています。
派手な色味なのでパステル系同様、アクセントとして使用すると良いでしょう。
このように、お風呂のリフォームに使用されるカラーは種類が豊富ですので、好みや希望する雰囲気などに合わせて選ぶことをおすすめします。

お風呂リフォームをしないまま使い続けるリスク

"お風呂はリフォームをしないで長年使い続けていると、健康へのリスクが発生することがあるので注意しましょう。
長年リフォームをしていない風呂場には、冬になると浴室内が寒いという欠点がある場合が多いものです。
そのような浴室だと、暖房が効いているリビングなどから入浴をしに行った時に寒さの影響で血圧が上がります。
そして、寒い浴室内から温かいお湯が溜まった浴槽に入った時に血管が拡張して血圧が下がることになり、急激に血圧が変動することが原因で心臓に負担がかかる恐れがあります。
寒暖差のある場所を短時間で移動することで体に悪影響が起こることをヒートショックと言いますが、心筋梗塞などのリスクもあるため、冬になると寒さが気になるような浴室を使っている人は、お風呂リフォームをして冬でも寒さが気にならない場所に変えるのがおすすめです。
また、古い浴室にありがちなのが、床がタイル貼りになっており滑りやすいという危険です。
滑りやすい床や段差があってつまずく危険がある浴室は、高齢者以外にも転倒などの恐れがあるので、リフォームをして安全に使える状態にすると良いでしょう。

リフォームに関する情報サイト
お風呂リフォームのお役立ち情報

このサイトではお風呂を快適で安全な場所にしたい人に向けて、リフォームで役立つ知識をご紹介しています。
バスルームの改修工事をすれば、ヒートショックを防止するのに役立てられることもあります。
安全に暮らせる環境を整えるためにも、参考にしてください。
また断熱性能が高いバスルームの改修工事によって、光熱費を節約することが可能です。
長く住み続けることを考えれば、早いうちから光熱費を減らせる設備に換えておくのも良いかも知れません。

Search